不用品処分してくれる業者はこう選ぶべし!

>人気記事>トラブル無く不用品処分するには業者選びがカギ

トラブル無く不用品処分するには業者選びがカギ

女の人

業者を選ぶ際は真っ先に許可番号のチェックを

不用品処分の業務をする場合、「一般廃棄物収集運搬業」や「産業廃棄物収集運搬業」の許可を取得している必要があります。なお、リサイクルショップなど、買取サービスを行う場合は、「古物商」の許可が必要です。必要な許可を取得しているかどうか、業者のサイトをくまなくチェックしましょう。

電卓

個人情報保護についての記載の有無を確認しよう

不用品処分業者に依頼する場合、家の中から不用品を搬出してくれます。その時に気をつけなくてはいけないことが、個人情報の漏洩です。そのため、個人情報保護に関する方針について、きちんと記載があるかチェックしてみましょう。もし、しっかりと記載があれば真っ当な業者と言えます。

メンズ

見積もり内容は入念に確認

不用品処分を依頼した際、必ず見積もりをもらうようにしましょう。そして、追加料金が発生することがないか確認するようにしてください。真っ当な業者であれば、たとえ追加料金が発生することがあったとしても、追加料金が発生するケースについて具体的に説明してくれると思います。

財布

所在地や責任者の情報が記載されているかチェックする

悪徳な業者は、自身の情報を公開することを嫌う傾向にあります。万が一トラブルが起こっても、依頼者が連絡することができないようにするためです。そのため、まずは業者のサイトに所在地や責任者のことが掲載されているか確認してください。所在地が掲載されていたら、実際にその住所へ訪れてみましょう。

不用品処分業者が引き取ってくれる主な品目

  • テレビ
  • 冷蔵庫
  • 洗濯機
  • エアコン
  • ソファ
  • ベッド
  • タンス
  • パソコン
  • 楽器
  • 電子レンジ

不用品処分業者は様々なシーンで活躍する

日常生活において、不用品回収業者が役に立つシチュエーションは様々あります。今回は、不用品処分業者を依頼すべきシチュエーションについてご紹介します。

不用品処分業者の活用例

不用品

ごみ屋敷の清掃

モノで溢れかえっている状態のことをごみ屋敷と呼びます。ごみ屋敷になってしまうと、悪臭や害虫が発生したり、火災が発生したりするリスクがあるので、近隣の住民に迷惑をかけてしまいます。個人で片付けと清掃をするとなると、かなりの時間と手間がいりますので、プロの業者へごみ処分してもらうのが手っ取り早いです。

引越し

引越しのために荷造りをする際、家の中にあるモノ全てが必要であるとは限りません。なかには、不用品になるモノが必ずあるはずです。そんな時は、引越しと不用品処分の両方のサービスに対応している業者へ依頼するといいでしょう。引越しと不用品処分の両方をやってくれますので、別途業者を探す手間が省けます。

遺品整理

家族や親族が住んでいた部屋を片付ける際、遺品を整理する必要が出てきます。しかしながら、遺品整理する機会は滅多にないので、どのようにして整理していいのか分からない人も多いと思います。不用品処分業者によっては、遺品整理をしてくれるところがありますので、効率よく故人の部屋の片付けができますよ。

オフィス内の不用品処分

業務をこなしていると、機密情報が記載されている書類を取り扱う場面が多いです。そして、最終的には、そのような書類が大量に溜まり処分に困ってしまいます。法人であっても対応してくれる業者は存在しますので、職場の不用品処分でお悩みの場合は、業者への依頼を検討してはいかがでしょうか。